· 

ダイエット

薄着になるこの季節、ダイエットを意識している方も少なくないと思います。ダイエットを行う上で最も重要なことは、単に体重にとらわれるのではなく、体にとって良い状態を作り、健やかに生活できるようにすることです。今やダイエット法と呼ばれるものは、数多くあります。しかし残念ながら、実際には効果が現れないものや返って健康を害するものもあります。

 

「太る」ということは、摂取エネルギーと消費エネルギーのアンバランスによって起こる現象です。消費エネルギーに比べ摂取エネルギーが多いと、消費されなかった分が中性脂肪に転換されて、身体に蓄えられます。

 一般的には、年齢を重ねるとともに基礎代謝量は低下していきます。基礎代謝は、生きていくために最低限必要なエネルギー量であり、生命活動、つまり内臓を働きや体温を維持するために使うエネルギーのことです。基礎代謝の中で最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。筋肉量を増やすと基礎代謝量が増え、太りにくく痩せやすい身体になります。また同時に、若い頃と比較して運動量や活動の幅が減るので、大食でなくても消費エネルギーが減少し過食状態になり太るのです。

 

正しいダイエットを行うには、まず、自分の身体がどのような状態なのか把握することが重要です。例えば      

肥満のタイプは原因によって大きく3つに分けられます。

 

1. 脂肪貯め込み型   

【原因】 脂肪分の多い偏った食事。  

【処方】 脂肪の燃焼促進する漢方薬  例:防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 

2. 水太り型(日本人に多い)  

【原因】 水分代謝が悪くなっていること。    

【処方】 体内に滞った水分を排出する漢方薬 例:防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

 

3. 混合型    上記2つの両方。

【処方】 上記の両方のタイプの漢方薬を用いる

 

 症状により、便通をよくする漢方薬などを処方する場合もあります。体質と身体の状態をよくみることが大切です。

                

 

ダイエットでの問題の現れ方は人それぞれですが、もしすべての方に共通する改善策をひとつだけ挙げるとすれば、ビタミンCの摂取ではないでしょうか。実は私たちの脳や身体は、想像以上に多くのビタミンCを必要としています。ビタミンCには、様々な作用がありますが、代謝の根幹に関与しているため、病を治し健康を保つ体内環境を作ることができる、つまり身体の基礎を整えてくれるのです。ダイエットを行う際は、単に体重だけにとらわれず、医師に相談するなど自分の身体をしっかり把握して、ご自身に合ったダイエット法を取り入れて、キレイで健康的な身体を手に入れましょう。