· 

夏の冷え症・冷房病

毎年夏になると、どうも調子が良くない…。そんなふうに感じていたら、もしかすると「冷え症」かもしれません。冷え症は、冬や女性に多い症状と思われがちですが、最近では男性や子供にまで冷え症が増えています。冷え症の典型的な症状としては、手足の冷えが知られていますが、それだけではなく鼻水やのどの痛み、頭痛といった風邪の症状から、全身のだるさや疲れやすさ、食欲不振や下痢などの消化器障害、イライラ感、肩こり、腰痛、肌荒れ生理不順など、人によってさまざまな症状がみられます。この「夏の冷え症」の引き金となるのが、エアコンによる「冷房病」です。

 

<冷え症はなぜ起こる?>

暑い夏でもエアコンの効いた部屋にいると「ちょっと肌寒い」と感じることがあります。そうした状態を長時間続けていると体はおおきなストレスを受けます。暑い季節になるとわたしたちの体は、副交感神経が活発に働き、血管を拡張させ体内の熱を外に出そうとします。ところが、エアコンで体が冷えると、反対に体温を逃がさないように交感神経が働いて血管を収縮し、血流が悪くなり、冷えなどの症状が起こります。そしてそんな状態が続いていくと、自律神経がダメージを受けて、体温調節もうまくできなくなってしまいます。冷房病になると、外にでてもなかなか体が温まらず、汗もかきにくくなってしまいます。汗をかかないと乳酸などの疲労物質が体内に溜まるため、全身のだるさや疲れやすいといった症状がおこります。さらにはそれが夏バテの原因にもなってしまいます。自律神経は血液の流れだけではなく、胃腸の働きやホルモン分泌の調整などの機能も担っている為、自律神経の働きが乱れると全身に様々な症状が起こってくるのです。

 

<夏の冷え症・冷房病を予防するには> 

エアコンを多用する夏にこそ、一年中の冷え症にならないように、きちんとし対策をとることが大切です!

 

☆予防のポイント☆

・エアコンの設定温度は2528℃をめやすにして、寒さを感じないレベルにしましょう。外気との温度差は3~4℃が理想。エアコンの風に直接あたらないようにしましょう。時々エアコンをとめて、窓を開けて外気を取り入れることも大切。・オフィスなど、エアコンの湿度や風向きを勝手に設定できない場所では、膝掛けや薄手の腹巻、厚手の靴下、レッグウォーマーなどのグッズを上手に利用して、冷え症対策をしましょう。男性も便利なものは積極的に利用しましょう。

 

・夏にはさっぱりとした冷たいものを食べたくなりますが、ほとんどの場所ではエアコンがきいていて、冷たい食べ物を食べると外からも中からも体を急速に冷やすことになります。また、食欲があまりない場合など、冷たいものを食べると胃腸を冷やし、かえって体調を崩しかねません。エアコンのきいた部屋では、温かいものを食べたり飲んだりするようにしましょう。

 

 

・適度に運動をしたり、シャワーですませずにゆっくりとお風呂につかって血流をよくしましょう。