· 

【冷やすと暖めるの違い。炎症に対する考え方について】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はあまり一般的ではない内容になります。

 

皆さんも痛みや炎症などの症状がある時、「冷やした方がいい」と言われた経験があると思います。

 

逆に、「暖めるのは良くない」とも、言われたかもしれません。

 

しかし、「何を目的とするか」によっては、暖めるのもあながち間違いではないかもしれません。

 

どちらを選ぶべきかは、目的次第です。その違いとは、

 

・とりあえず痛みや腫れを引かせたいなら、「冷やす」。

 

・痛くても何でも、とにかく早く治したいなら「暖める」。

 

通常であればアイシングなど「冷やす」事を勧めますが、もしプロのアスリートのように

 

「怪我したけど何が何でも明後日の大会に出たい!」という時は、「暖める」のもアリです。

 

ただし、痛みや腫れがかえって強くなる可能性があります

 

痛いし腫れますが、治るまでのスピードは速くなるので、結果的に痛む時間自体は減ります。

 

正直、辛いし大変なので、一般の方にはまったくお勧めできませんが―。

 

 

では、「冷やす」と「暖める」。これらが真逆の要素でありつつも、どちらも回復へと向かうのはどうしてでしょうか?

実は、『炎症』それ自体が身体を修復させる為のモノだからです。

 

『炎症』=痛みや腫れを引き起こす悪いモノ。目の敵にするべきモノ。

 

・・・ではないのです。『炎症』は、身体が回復へと向かう為のシステムであり、メカニズムです。

 

そもそも炎症が無ければ、壊れた場所は壊れたままです。

 

身体が治っていく為には、様々な段階を経て修復から回復へと向かう必要があります。

 

その細かい過程はここでは省きますが、それら一過性の状態(もしくはその時に起こる変化)が炎症なのです。

 

『炎症』= × 痛みや腫れを引き起こす悪いモノ。目の敵にするべきモノ。

        〇 身体を修復する為に必要な過程であり、メカニズム。

 

まずはこのように、認識を変えるべきです。

 

変えた上で、今の状態を受け入れるところから完治への道は始まります。

 

痛むのも腫れるのも、理由があるから・・・そう思えば、見方も変わるはずです。

 

「まだ少し腫れているけど、痛みが無くなったから完治!」という誤解が、後で古傷となって問題となる事は、以前にもお話したと思います。

 

炎症に対して基本的には冷やすのが正解ですが、場合によっては暖めるのもアリです。

 

ただし、暖めるのは一時的に痛みや腫れが強くなるので、お勧めはしませんし自己責任でやってください

 

本当の完治の為に痛みや炎症を受け入れ、しっかりと治し、より良い日常生活を送りましょう。