· 

【捻じれ・歪みに対するトレーニングの考察】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 身体の捻じれ・歪みに対して筋肉量増加は有効なのか?

 

 なかなか改善しない痛みに対して、どんなトレーニング(筋トレ)をすればいいかと尋ねてくる方がいます。

 

 それはおそらく、筋肉量の増加によって症状の出ている部位を補おうと、そういうお考えだと思います。

 

 決して間違いではありません。ですが、どんな筋肉を増やすかで、真逆の結果になってしまいます。

 

 

 以前書いたように、良い筋肉とは本来、ゴムのようなイメージです。

 

 よく伸びて、柔らかく弾力性があって、衝撃を吸収してくれます。

 

 こういういい筋肉が増えたなら、もしかすると痛みなどの症状を緩和できるかもしれません。

 

 しかし、逆に冷凍したお肉のように硬い筋肉が身に付いてしまったら、どうなるでしょう?

 

 これも以前書いた事ですが、身体の捻じれ・歪みは筋肉が引き起こしている事がほとんどです。

 

 縮こまった筋肉が骨を(常時)過剰に引っ張り、結果的に関節や骨格に捻じれや歪みが生じます。

 

 もしも縮こまった硬い筋肉量が増えたなら、その分骨を引っ張る力も強くなるはずです。

 

 ・・・そう、頑張ってトレーニングを行った事によって、かえって余計な捻じれ・歪みが起きてしまうのです。

 

その点をよく理解して、柔らかくて良く伸びる筋肉を増やしていかないと、筋トレは逆効果になります。

 

 

 経過をまとめると、こんな感じでしょうか。

 

 ・筋肉の柔軟性がなくて硬い

 

硬い筋肉が骨を引っ張って身体に捻じれや歪みが生じる

 

筋トレでさらに硬い筋肉増量

 

骨や関節がさらに引っ張られ、捻じれや歪みも強くなる

 

症状悪化

 

 

 逆に、もしトレーニングで身に付けた筋肉が、良質で柔軟な筋肉だったなら・・・

 

 ・筋肉の柔軟性が有り柔らかい

 

   よく伸びる筋肉は必要な時に必要分しか骨を引っ張らないから、歪みや捻じれが生じない

 

     捻じれや歪みが無いから良姿勢が保て、身体の疲労や負担が少ない

 

        増えた筋肉量で症状のあるところを庇える

 

           症状部位の回復が促進される

 

 

 このように、ほぼ真逆の結果を迎える事になります。

 

 つまり、トレーニング(筋トレ)をするならそのやり方、前後のケアが重要という事ですね。

 

   やり方①実際に行う時のやり方

  ②強度

  ③量(時間or回数)

 

 ケア①ウォーミングアップ

  ②前ストレッチ

  ③クールダウン

  ④後ストレッチ

  ⑤入浴

  ⑥セルフマッサージなど

 

 

 もしこれらの些事に心を砕けなくて、中途半端にトレーニングをしてしまうくらいなら、いっそ行わない方が良いかもしれません。

 

 盲目的に物事を行うのではなく、様々なことに注意を向けましょう。