· 

【脱力する為に必要なこと】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 治療を受けるとき、毎回のように「緊張が強いですね」と言われる。

 

たいした事をしていないのに疲れたり、すぐに身体がこわばる。

 

 運動時など、「余分な力が入っている」と言われたり、動きが自分のイメージより硬くなってしまう。

 

 これらは、身体の脱力が弱い、もしくは足りていない状態であることを示します。

 

 「いや、力なんて入れてないし、緊張もしてないよ」

 

 そう思うかもしれません。その感覚は間違いではないです。

 

 間違いなのは、力を入れていない=脱力の認識の方です。

 

 身体の力み状態をざっくりと分けて並べてみると、こんな感じだと思います。

 

 ①意識して力を入れている。(運動時や作業時)

 ②意識して力は入れていないが、無意識に力が入ってしまっている。(緊張状態)

 ③意識して力は入れておらず、緊張もしていない。(平常時)

 ④意識的に脱力できている。(リラックス状態)

 ⑤無意識で脱力できている。(就寝時。夢見で力入るとかは別問題)

 

 要するに、②~④を一つにして考えてしまいやすいのです。

 

 もし余分な力が入りすぎて悩んでいるようなら、まずは②~④を分けて考えましょう。

 

 特に自分が②と③のどちらの状態なのか、把握する事は重要です。

 

 では、実際に脱力する為に必要なコツとはなんでしょうか?

 

 A:脱力したい場所を意識しながら息を吐く。

 B:力を必要としない姿勢を作る。

 

二つあるので、それぞれ解説していきます。

 

 まず「A」ですが、背中や脇腹など、呼吸に関わるところが特にわかりやすいはずです。

 

 やや大きめにゆっくり吸い込んだ息を、そのまま吐くだけ。ただし、吐く時にそれぞれの場所へと意識を向けてみましょう。

 

 肩に意識を向ければ、両肩ともストンと落ちるでしょう。

 

 背中は少し広がり、脇腹はわかりやすく柔らかくなるはずです。

 

 これらのわかりやすい場所で脱力の感覚を掴んだら、その後大腿など足で試してみましょう。

 

 息を吐く=力が抜けていく、を関連付けることがポイントです。

 

 ただし、ことさらに大きく息を吸ったり吐いたり、ゆっくり長く吐こうと意識しすぎると、

 

 かえって力んでしまう方も多いようです。特に②の方々。

 

 たしかに自然に吸うだけより『少し』大きくゆっくり吸って吐いての方がいいですが、

 

 ほんの少しで大丈夫です。吐けば吐いただけ脱力できる……というわけではありませんので。

 

 

 続いて、「B」の方です。

 

 こちらもわかりやすい例を挙げます。

 

 まず、普通に立った状態や座った状態で、両手の指で首の後ろを触って筋肉の硬さを覚えておきます。

 

次に、斜め上前方を見るように首だけ動かします。

 

 この時に、角度としては頭蓋骨が体幹(脊柱)の上にしっかりと乗るような、体幹に下から支えられているような姿勢を心掛けてください。

 

 大事なのは、頭蓋骨を体幹に乗せることです。

 

その状態から、顎先を軽く引きながら首の角度を戻します。顔がまっすぐ前を向く状態です。

 

再び両手の指で、首の後ろの筋肉の硬さを見てください。

 

最初の姿勢の硬さより、確実に柔らかいはずです。

 

これは、普段まっすぐと思っているはずの首の状態が、体幹の上ではなく前側に出てしまっていることを意味します。

 

重い頭が前に出てしまって、それを支える為に首の後ろが緊張して、力を入れて支えているのです。

 

 このように、姿勢によっても無意識に力が入ってしまいます。

 

 普段から良い姿勢をしている人とでは、疲労度の積み重なりが違うわけです。

 

 

 

 あなたは普段、②ですか? ③ですか? ④の時間をある程度保てていますか?

 

 身体に負担が少ない姿勢を心掛けること、息を吐いて意識的に力を抜くこと。

 

 これら二つのコツを念頭に置いて、無駄な力みなくリラックスした毎日を送りましょう。