· 

脳内物質セロトニン

心の健康に大切なセロトニン

朝起きて、部屋中のカーテンを開けて、太陽の光を浴びると気持ちよくすっきりと目が覚めます。

太陽の光で目を覚ましながら深呼吸をして、1日をイメージトレーニングするのは、とても気持ちのいいものですね。

太陽の光と睡眠や目覚めには、実は深い関わりがあるのです。

 

太陽の光を浴びることによって、睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、脳の覚醒を促すホルモンであるセロトニンの分泌が活発になります。

また、セロトニンは心と体のバランスをコントロールする役割を持ちます。セロトニンが不足すると、感情や考えのコントロールが効きにくくなり、情緒・気分が不安定になったり、うつ病の原因になると考えられているのです。ホルモンバランスが崩れている場合や、更年期障害、人と向き合う仕事の方、室内での仕事が多い方の中には、ミネラル・セロトニン不足が原因で体調を崩してしまう方が多いようです。

 

人の体を動かすのにエネルギーが必要なのと同じように、人に共感したり、感じたりなど心の活動にもエネルギーが必要です。

現代は情報社会であり、その情報量の多さで、私たちの脳は疲れてしまっているのかもしれません。それだけに、脳をリラックスさせることが重要になります。

大切なのは、そのコントロールを意識できる、規則正しい生活のリズムにあるのかもしれません。自分でスイッチの切り替えが出来ないと、夜になっても眠れなかったり、日常で緊張が消えなかったりすることがあるようです。

 

 

セロトニンを増やすには?

① 起きたらすぐに太陽の光を浴びる。

 ② 深呼吸をする。(意識をして呼吸をすることが大事)

 ③ ウォーキングや自転車をこぐなど、一定のリズムで運動をする。

 ④ 朝ごはんをよく噛んで食べる。(バナナ、牛乳、玄米小麦胚芽、納豆、さんま、いわしなど)

 ⑤ 何事も頑張りすぎず、休息の時間をとる。

 ⑥ 泣く(号泣する)。感動する映画や泣ける映画を観たり、本などを読んで泣くとスッキリ!