· 

【ストレッチの雑学】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、ストレッチの何気ない考察です。

 

 普段やっている人ほど、疑問を覚えませんか?

 

 

 

 ①ストレッチは、伸ばせば伸ばすほどいい?

 

  ……答えはNOです。理由は簡単、伸ばしすぎは『怪我』するからです。

 

  筋肉や腱の伸びる具合には程度があり、それ以上無理して伸ばそうとすれば、

 

最悪断裂のような事態を引き起こしてもおかしくありません。

 

  何より、人間の身体は全体でのバランスが重要です。上下左右での兼ね合いです。

 

  それなのに、身体の一部だけを伸ばしすぎると、スッキリを通り越して違和感を覚えます。

 

  違和感は、身体の自然な使い方に齟齬を生じさせます。

 

 

 ②ストレッチは、勢いを付けてやった方がいい?

 

  ……これもNOですね。アキレス腱のストレッチなど、よく掛け声とともに反動を

 

  付けて行っている様子を目撃します。

 

  しかし、反動を付けている状態では最も伸びている状態の時間が短く、

 

なおかつ勢いを付けて行うと、強めの衝撃が加わってこれも怪我の元となりえます。

 

  理想的なやり方は、痛気持ちいいぐらいの伸び具合を、じっくり時間をかけて継続する事です。

 

  じっくり、じんわり。 こんなイメージで伸ばしましょう。

 

 

③ストレッチは、いつやればいい?

 

  ……よく、お風呂の後がいいと言われますね。

 

  その通りです。筋肉は温まるとほぐれて伸びも良くなるので、お風呂後は

 

  伸びが良く楽な状態で行えます。

 

  ですが、ストレッチは行うタイミングによってさらに、意味合いが追加されます。

 

すなわち、

 

    (A)朝方や寝起き、或いは運動前のストレッチは、怪我予防に。

 

    (B)就寝前や夕方以降の入用後のストレッチは、疲労回復に。

 

それぞれ、違う効果が期待されるので、もし可能なら両方のタイミングで行えるといいでしょう。

 

朝方寝起きに一回、入浴後や就寝前にもう一回やれば、気持ちの良い一日が過ごせると思います。