· 

いびき① いびきと舌の関係

健康と美をプロデュースピンク薔薇

 

ご訪問ありがとうございます  

 

 新宿区大久保駅そば

 

      アスクレ《ASCLE》ですピンク薔薇

 

みなさんこんにちは。

 

引き続きいびきについて

お話しします。

 

今日は舌についてです。

よくいびき防止のために口呼吸を

やめて鼻呼吸にしましょう、

と言われますよね。

鼻呼吸だとなにがいいのでしょうか?

 

ポイントは舌にあります。

 

舌のホームポジションは

上歯の後ろに舌先がつく位置です。

この位置にあることでわずかですが

上あごを押し上げる力で口が閉じ、

鼻呼吸がしやすくなるんです。

 

でもいろいろな要因で舌が下がり、

ホームポジションに届かないせいで

舌にひっぱられて顎が下がり

口が開いてしまいます。

 

ここから口呼吸につながるんですね。

では舌が下がるのはなぜでしょうか?

 

舌は首の前側にある

舌骨についています。

 

首の緊張が強かったり

ストレートネックだったりすると

舌骨がさがって引っ張られます。

 

また舌筋そのものがたるんで

下がることもあります。

 

なので首の緊張を取ることと、

舌筋を良く動かして

たるまないようにすることが大切です。

 

舌の体操としては

「あいうべ体操」が有名ですね。

「あー、いー、うー、べー、」

と思い切り口を大きく

ゆっくり動かしながら

繰り返すものです。

 

これをやっているといびきだけでなく

顔の引き締めや、

感染症対策にもなるそうですよ。

眠気覚ましにもよさそうですね。

 

ぜひ毎日の習慣に取り入れてみてください。