· 

VDT症候群

健康と美をプロデュースピンク薔薇

 

ご訪問ありがとうございます  

 

 新宿区大久保駅そば

 

      アスクレ《ASCLE》ですピンク薔薇

 

 

今回はVDT症候群のお話です。

 

 

VDT症候群のVDTとは

 

Visual Display Terminal (画像表示端末)

 

いわゆるコンピューターの

 

ディスプレイのことで、

 

そのVDTを利用して行う作業を

 

長時間連続したことにより、

 

眼や身体、精神面など

 

様々な支障をきたす病気のことです。

 

 

 

 

 

近年、パソコンによる作業以外でも

 

タブレットスマートフォンなどの使用で

 

VDT症候群の症状に悩む人もすくなくないようです。

 

 

代表的な症状としては

 

テクノストレス症という

 

眼の症状があげられますが、

 

他にも様々な症状が現れることもあり、

 

血流障害によって頸や肩、

 

腰のコリを強く感じたり、

 

精神面では抑うつ、不眠などがあり

 

慢性化しないよう

 

気をつける必要があります。

 

 

 

 

 

≪VDT症候群の代表的な症状≫

ドライアイ

眼精疲労

充血

視力低下

 

身体

頚・肩のコリ

頚肩腕症候群

腰痛

坐骨神経痛

頭痛

むくみ

手足のしびれや震え

胃腸不良

   

精神面

イライラ

不眠

不安感

抑うつ

倦怠感

摂食障害

皆さんも気を付けましょう!