· 

内臓脂肪について

ご訪問、ありがとうございます

新宿区大久保駅そばにあるアスクレ《ASCLE》です

 

今日も寒いですね

皆様、体調はいかがですか??

 

空気の乾燥でインフルエンザが流行る時期です

体調管理には気をつけ、帰宅したらまずは

手洗いとうがいをおこないましょう

 

さて

本日のテーマは「内臓脂肪」

 

内臓は胃、腸、肝臓、腎臓、膵臓

では、内臓脂肪は、この内臓のどの部分に

ついてしまうのでしょうか?

 

 

内臓脂肪は、内臓を支える腸間膜や大網と

いった腹膜の表面につく脂肪です

 

腸間膜は2枚の腹膜の間に血管、リンパ管

リンパ節、神経がはさまれそれらの間隙を

脂肪組織が埋め尽くす構造をしています

 

内臓脂肪は生活習慣の影響を受けます

 

運動不足も原因ですが、何と言ってと

「食生活」に、一番影響されます!

 

内臓脂肪が気になりだしたら、脂肪分や

油分の多い食事やアルコールの摂り過ぎは

要注意となります

 

唯一楽しみのアルコールが止められるわけ

ないじゃない!と、言われそう(・・;)

 

 

内臓脂肪を落とすためには、まず運動!と

よく言いますが、まず食生活を見直すこと

これが大事なのです

お酒が大好きで毎日晩酌をするような人で

あれば、お酒を飲む量を減らす

飲み始めちゃったら、それは難しいお話‼!

という人は、せめて週1でも休肝日を作る

 

こういった地道な内容が、少しずつでも

内臓脂肪を減らすことにつながります

 

 

 

内臓脂肪を落とすために、やはり効果的な

のは、運動です

この場合の運動は筋トレではなく、酸素を

取り入れやすいウォーキングやジョギング

などのような有酸素運動の方が内臓脂肪の

燃焼にむいています

 

「わざわざウォーキングに行くのが面倒!」

という人は、テレビ見ながらストレッチを

してみたり脚上げてウエストひねりしたり

片足立ちして「ケンケン」50回ずつおこな

ってみたり・・・

 

 

高脂血症や内臓脂肪がメタボ状態の人には

漢方薬を用いることもあります

アスクレの提携クリニックは漢方薬の処方

もしてくれます

茵蔯蒿湯や防風通聖散、黄連解毒湯、防己

黄耆湯などの漢方薬が用いられています

気になる方は提携先の「丹羽クリニック」

にご相談ください

 

やる気になれば、なんでも出来るのです

冬は基礎代謝が上がるのでチャンスです♪

是非、スッキリウエストを実現しましょう