体温のお話

 

 

 私たちの身体は、環境の変化によって日々影響を受けています。暑くなったり寒くなったりした時も、その影響は身体に及んでいるのです。しかし、気温が40℃になったからと言って、体温が同じように40℃になるわけではありませんよね。

 

 これは自律神経が働いて、汗をかいて体内の熱を放散するなど、だいたい36℃前後に保つように体温を調整してくれているからです。

 

 

体温調節のしくみ!                               

 これらの働きは全て無意識の内に身体が行うので、私たちはただ「暑いな」とか「汗が出てきたな」と感じるに過ぎません。

その体温を調節するのは、間脳にある視床下部の「体温調節中枢」であり、司令塔のような役割を果たしています。

通常、私たちの体温は、体内酵素が活性化しやすい37℃前後に保たれており、この設定された体温は「セットポイント」といわれています。
 つまり、体温も脳が決定しているわけです。環境の温度や皮膚の温度などの情報をもとに脳が体温を指定し、その命令によって発汗させたり皮膚の血流を変化させたりして、体温調節は行われているのです。

 

では、何故体温は変化するのか?
 ところが、炎症や感染などの病的な原因があると、そのセットポイントが通常よりも高く変更されることがあります。

たとえば、セットポイントが37℃から39℃に変更されたとすると、身体は体温を39℃に保とうとし、自律神経が働いて体温を上げようとします。

 発熱の原因が取り除かれると、今度はセットポイントが元の設定(37℃前後)に戻りますが、身体は発熱によってそれより高い体温を維持しています。そこで再び自律神経が働き、私たちの身体は体温を下げようとします。

このような身体の仕組みによって、体内はなるべく一定になるよう整えられているのです。また、概日リズムといわれるように1日のうちでも体温は変化していて、朝6時頃が最も低く、逆に午後3~4時頃が最も高くなります。さらに女性の場合は性周期によっても変化し、排卵前は低くなり排卵後に高くなります。

 

 

 現代はエアコンで一年中快適な生活が送れる半面、体温調節機能が怠けやすくなっています。

丹羽式正體は、筋肉を緩め血流・自律神経を整えることによって体温調節をスムーズに行える体つくりに効果があります。