· 

むくみのお話

 朝起きた時、顔が腫れぼったかったり、夕方になると足がだるい・重いなどの症状で「むくみ」を経験している方は多いと思います。

 

 この「むくみ」とは、いったいどういう状態のことを言うのかご存知ですか?

 人間の体には動脈・静脈の二つの血管とリンパ管がくまなく通っています。そして心臓から送り出された血液は動脈を通って、全身に流れていきます。血液中の液体成分である血しょう成分は血管(動脈)の壁を通って外に出て、細胞間液となり運んできた栄養や酸素を細胞に配ったり、細胞から出た老廃物や二酸化炭素をリンパ管や静脈に運び、また心臓に向かって流れていきます。

 この細胞間液が多くならなければ、むくむことはありません。しかし、何らかの原因によって細胞間液が多くなったり、静脈・リンパ管の流れが悪くなったりすると細胞間液の量が増えて、むくんだ状態になってしまいす。

 

 

 

むくみの原因って?

むくみの原因にはいろいろありますが、代表的なものをいくつかあげると以下のものがあります。

 

 

<塩分の摂り過ぎ>

 

塩分を摂りすぎると、血液中の液体成分(血しょう成分)が血管の外へ必要以上にでてしまい、細胞と細胞の間に「細胞間液」として溜まっていき、この「細胞間液」が余分に増えることで体がむくんでしまいます。

 

長時間の同じ姿勢>

 長い時間座りっぱなしや立ちっぱなし等、同じ姿勢でいるとその姿勢を維持するための筋肉に疲労が溜まって硬くなり、結果として血液・リンパ液の流れが悪くなりむくみが起きやすくなります。

 

<運動不足>

 筋肉は血管やリンパ管を収縮させて血液やリンパ液を循環させるポンプの役割があります。運動不足によって筋力(ふくらはぎ等)が落ちると循環が悪くなり、むくみやすくなります。

 

<体温調節機能の低下>

 

 

 エアコンを使うことによって一年を通して温度変化が無い生活をしていると、自律神経の働きが鈍り、発汗などの体温調節がうまくできず、水分代謝が低下してむくみの原因になったりします。

 

 

 ASCLEでは、丹羽式正體をお受けいただくことによって運動不足や疲労によって硬くなった筋肉を緩め自律神経の働きを促し血液・リンパ液の流れを整える効果が期待できます。