· 

免疫力を高める①

私たちの体は、血液の中にある白血球などの免疫細胞が血液の中を自由に動き回り、体内に侵入した異物や病原体を攻撃し、細胞内に取り込み消化して殺し 体は守られています。しかし、常に十分な免疫細胞がいるとも限りませんし、敵に遭遇した時に十分な戦闘力があるとも限りません。免疫細胞の状態を常に万全にして「抵抗力」を上げることが大切です。

 

【食事で免疫力を高める】

 

免疫力を高め、活性酸素を除去する働きがあるのは、第7の栄養素フィトケミカルです。フィトケミカルとは、植物に含まれるポリフェノールや色素成分、香りの成分、多糖類などがあり、果物や野菜が自分たちを守るために作り出す「自己防衛成分」です。昔から濃い色の野菜は体に良いと言われますが、黄・緑・赤・オレンジ・紫・白・黒のうち、免疫力を高める効果が強いのは赤・白・オレンジの3色です。

 

 

赤・・・リコピン・カプサイシン

 

白・・・ケルセチン

 

オレンジ色・・・βカロチン

 

 

免疫細胞が働きやすい環境を作り出してくれるので、これらの色の果物や野菜を摂取することは免疫力を高めるに効果的。

 

   唐辛子(赤)・ネギ(白)・ニンジン(オレンジ色)入りのキムチ鍋や、トマト(赤)・玉ねぎ(白)・ニンジン(オレンジ色)入りのミネストローネ等は、赤・白・オレンジ色の3種類をまとめてとれるので、免疫力を高める食事であると言えます。