· 

頭痛について

 頭痛に悩む人は日本で約3,000万人と言われています。

 頭痛とひとくちにいっても症状は様々で、原因も対処方法も異なります。頭痛に悩む人の過半数が医療機関を受診していないそうです。頭痛持ちという言葉があるように、体質だからしょうがないと思っている人も多いようです。頭痛は、原因や症状をきちんと把握して、適切な対処をすれば症状を和らげることは十分に可能と思われます。

頭痛は頭部の全ての部位にある筋肉や血管、脳膜などの痛みを感じる組織が、なんらかの原因によって刺激をうけることによって起こりますが、その原因 もさまざまです。

 

では頭痛にはどんなものがあるのでしょう。<片頭痛>

片頭痛は、頭の片側(時に両側)がズキンズキンと脈打つような強い痛みに襲われます。こめかみの辺りがズキンズキンと痛んだり吐き気を伴ったり、また、光や音に敏感になったり、体を動かすと痛みがひどくなることもあります。特に女性に多い頭痛です。片頭痛の痛み自体は、休息や睡眠により和らぎます。<緊張型頭痛>

緊張型頭痛は「筋収縮性頭痛」とも言われ、首筋から頭部にかけてある筋肉が、なんらかの原因で緊張する(つまり“こり”)ことが原因で起こります。ギューっとしめつけられるような重い痛みで、疲れが出てくる午後以降に痛みが強くなりやすく精神的・肉体的ストレスが大きく関係しています。後頭部を中心に両側が痛くなり、首や肩のこり、目の痛みを伴うことも。骨格や歪みを改善してこりを解消したり、入浴やマッサージで筋肉の緊張をほぐしたりストレスを解消することで痛みの軽快が図れます。<群発頭痛>

 

群発頭痛は目の奥がえぐられるような、じっとしていられない程の強烈な痛みで、発症すると1~2ヶ月にわたってほとんど毎日ほぼ同じ時間帯に痛みが起こります。決まった片側が痛み、特に目の奥が痛くなります。目の充血、涙目、鼻水などの自律神経症状を伴うことが多く、男性に多い頭痛です。群発期はアルコールで痛みが誘発されるので、飲酒はひかえるようにしましょう。高濃度の酸素で痛みが軽減するといわれています。<日常的な生体反応としての頭痛>

二日酔いの時やアイスクリームを食べた時など頭がいたくなることがありますが、これは誰にでも起こる生体反応としての頭痛です。<脳や全身の病気が原因の頭痛(症候性頭痛)>

なんらかの病気が原因となって起きる頭痛です。なかには脳腫瘍くも膜下出血脳梗塞などの脳血管障害などの病気によって起こるものもあります。命にかかわることもありますので、経験したことのないような激しい痛みや突然の嘔吐を伴う頭痛などの場合はすぐに医療機関を受診することが必要です。慢性頭痛を持っている人は「いつもの頭痛」と思って我慢してしまいがちなので注意しましょう。

このように頭痛には様々なものがありますが、血管の拡張・収縮のリズムは自律神経の働きに密接に関係しています。正體で身体のバランスを整え、筋肉の緊張を和らげ、自律神経の働きを整えることで、不安な頭痛の症状の軽快も期待できるのではないでしょうか。