· 

ひな祭り

3月3日は女の子の日。

そして、雛祭り桃の節句と呼ばれてますね

カナヘイハート 

 

 

 

ひな祭りに食べる食べ物は縁起物カナヘイきらきら

 

ちらし寿司

諸説ありますが、載っている具材にもそれぞれに意味があり、例えばエビには「腰が曲がるまで長生きできますように」レンコンには「先が見通せるように」豆には「健康でマメに働く」といった具合です。

はまぐりのお吸い物

はまぐりは、最初に対になっていた貝同士でないと絶対に合わないと言われています。またその様子から「一生涯一人の相手と添い遂げる」理想的な夫婦像の象徴として捉えられてきたので、「娘の将来は、素敵な男性と出会っていい結婚、いい夫婦生活が送れますように」という親の願いが込められているそうです。

ひなあられ

元は雛祭りに欠かすことのできない食べ物である菱餅を砕いて揚げたものだとされています。しかしこのひなあられ、実は関東と関西では全く別物だということはご存知でしょうか。関東では、米を爆発させて作るいわゆる「ポン菓子」に砂糖で甘く味付けしたものを指し、関西では塩や砂糖醤油で味付けした餅を揚げたものだそうです。

 

菱餅

菱餅と言えば、赤・白・緑の三色が見た目にも美しい、雛祭りには欠かせない食べ物です。菱餅は、雛祭りの起源とされている上巳の節句と共に中国から伝わった風習で、元は母子草(ははこぐさ)という草餅でした。また、今の菱餅の形になったのは江戸時代からで、三色にはそれぞれ、赤は魔除け、白は清浄、緑は健康という意味があり、さらに「雪が解け(白)には新芽が芽吹いて(緑)やがて桃の花が咲く(赤)」と言うように春を表しているそうです。

 

白酒

雛祭りに飲むお酒と言ったら白酒ですが、実は白酒=甘酒と思っている方が多いようですが、白酒と甘酒は全くの別物で、甘酒はアルコールは一切入っていませんが白酒はアルコールがしっかり入っています。白酒は元は「桃花酒」と呼ばれる桃の花を漬けたお酒で、桃は邪気を祓い長寿に通じる縁起ものだからという話や、百歳をももとせと詠むという話などがあります。

 

縁起物ですので、今日は皆さん食べてみましょう爆笑