· 

腰痛に関係する筋肉②

《おなかの腹筋群》

 

腹筋は身体の前面を縦に肋骨から骨盤まで繋がっている筋肉で

背筋と拮抗して働きます

 

また腹斜筋や腹横筋は、脇腹や腰の横にある筋肉で

上半身を屈めたり捻ったりするときに働きます

 

これら腹筋群の緊張が強かったり

逆に筋力が低下してきたりすると背筋との拮抗バランスが崩れ

姿勢が悪くなり腰に負担をかけてしまいます

 

 

《太ももの筋肉》 

 

太ももの筋肉は股関節や膝関節を動かす

働きをします

  

この筋肉の疲労や筋力低下は

関節の動きを悪くするだけでなく

骨盤に歪みをもたらし

腰痛の原因にもなります

 

つまり様々な筋肉の不具合が

腰痛を引き起こす原因となります

 

 

丹羽式正體では

腰痛の患者さんに対し

症状が出ているところだけでなく

全ての筋肉のバランスを

整えるように施術していきます!(^^)!