· 

脳の働きが 低下する原因

脳の働きが 低下する原因

 

脳の働きが低下する

いちばんの原因は加齢とともに

脳に酸素を取り入れる能力が

衰えることにあります。

その能力は20歳ぐらいがピークで

あとは下降の一途をたどります。

 

 

 

持続的に有酸素運動と無酸素運動

行なっている人の場合では

35歳ごろがピークでその後は

少しずつ下がっていきます。

一旦衰え始めた最大酸素摂取量は

その後運動をすると少し高くなりますが

最大値まで戻すことはできません。

そのため運動習慣がない人は20歳ごろから

運動習慣がある人は35歳ごろから

脳の働きは低下し始めます。