· 

消化について

普段、当たり前のように「食べて➡排泄する」を

繰り返していますが、体の中の臓器がどう働いてって

考えた事ありますか?

 

 

口腔内で咀嚼された食べ物は、食道を通って

胃に運ばれます

胃に滞在する時間は平均して3時間ほどです

これはお食事内容で時間が前後します

次に通るのが小腸ですが、ここでは約5~8時間

さらに大腸へと進み、ここで10~20時間位要します

ということは、1日最低でも1回の排便が

有っていいことになります

この消化時間の違いは食べ物によってです

《食べ物の胃での滞留時間目安》

野菜:約1時間~2時間

野菜も、果物同様で食物酵素を豊富に含んでいますし

消化もそれほど時間かかりません

果物:約20分~30分

果物は、食物酵素が豊富に含まれているので

消化の時間も体内酵素も無駄に使いません

炭水化物:約2時間~4時間

炭水化物はご飯やパン・麺類や調理済みの芋類です

でんぷん質を分解するための酵素が必要になります

たんぱく質:4時間~6時間

たんぱく質は魚貝類や肉・卵・乳製品などですが

消化には、最も時間を要します

また、その消化にはタンパク分解酵素や脂肪分解酵素が

必要となります

消化を考えると、野菜や果物とバランスよく食べることが

大事なんだなー!って、改めて思います

そして、よく噛む!!

特に早食い気味の方は、ここから改めることが必要かもしれませんね