· 

眠りのホルモンメラトニン

こんにちは

今日はメラトニンについて

書きたいと思います。

 

メラトニンは脳の松果体

というところで

つくられます。

メラトニンは

脈拍、体温、血圧を

下げる効果があり、

身体を眠る方向へシフトします。

睡眠のためには欠かせない

ホルモンといえます。

 

またメラトニンには

抗酸化作用やNK細胞を

活性化させる作用も

あるんです。

 

NK細胞というのは

腫瘍細胞やウイルスに

感染した細胞を

攻撃するとても

強力な免疫細胞です。

 

さて、その重要なメラトニンが

しっかり分泌されるために

何が必要でしょうか?

 

それはセロトニンと同じく

朝日を浴びることです。

日中は分泌を抑制されていますが

朝日を浴びてから14~16時間後に

最大量になります。

 

でもメラトニン分泌は

現代の生活習慣で

抑制されがちです。

 

どんなものが良くないかというと

寝る前の強い光

(特にブルーライトは厳禁)

ストレス

交感神経の興奮

例えば・・・

ゲーム

お酒やたばこ

熱いお風呂

激しい運動などです。

 

寝る前には

部屋を間接照明などで

薄暗い状態にし、

軽くストレッチするなど

リラックスできる状態で

過ごすようにしましょう。