· 

セットポイント

 

前回セットポイントについて触れましたが

今日は、セットポイント

体温が変化していく流れを見ていきましょう。

 

 

たとえば、

炎症や感染などがあると、

セットポイントが通常よりも

高く変更されることがあります。

 

 

それで仮にセットポイント

37℃から39℃

変更されたとすると、

身体は体温を39℃に保とうとし、

自律神経が働いて

体温を上げようとします。

 

 

 

そして発熱の原因が

取り除かれると、

今度はセットポイント

元の設定(37℃前後)に

戻りますが、

身体は発熱によって

それより高い体温を

維持しています。

 

 

そこで再び自律神経が働き、

私たちの身体は体温を

下げようとします。

 

このような身体の

仕組みによって、

体内はなるべく一定になるよう

整えられているのです。