· 

体温調整について

、みんなが普段

当たり前のように行っている

体温調節の事についてのお話です。

 

それでは、

身体が行ってくれている

体温調節の事を

いくつか並べてみましょう。

 

 

 暑い時

 ・血管の弛緩によって

血流を促し、体内の熱を

外に逃がす
・汗腺の活発化によって

汗を流し、体内の熱を

外に逃がす
・骨格筋の弛緩によって

熱の産生を抑える

 

 

 

寒い時

・皮膚血管の収縮により

血流を減少させ体内の熱が

外に逃げないようにする

・骨格筋の収縮によって

ふるえを起こし、熱を産生

 

 

……けっこうありますよね?

 

私たちが

暑かったり寒かったりした時、

血管も変化しているって

気付いてましたか?

 

 

つまり、私たちが

暑いところと寒いところを

往復した時、血管も

また太くなったり細くなったり

しているわけです。

 

当然、どちらの時も

自律神経

働いています。

  

 

無意識の内に行われている関係上、

これらの事を「やらない」

…というわけにはいきません。

 

気温による影響が及ぼす

身体の負担が、

如何に大きいか――。

 

ただ単純に、

汗が出たり全身が震えたり

とかじゃないんですよ?

 

それでは明日は、

その体温調節機能の

「司令塔」についてです