· 

子供にサプリメント飲ませて大丈夫?

今週はビタミンⅭのお話を続けています。

結果的に息子のアトピー改善にはビタミンⅭが不可欠でしたが、4歳の子どもにサプリメントを飲ませることには、やはり抵抗がありました。食事で栄養が十分に摂れればその方が良いし、サプリに頼るのって親としてサボってるみたいで、、、、(^_^;)

でも食物アレルギーがある場合、食べられるものには制限があります。また子どもの偏食もアレルゲンを避ける本能からからきていることもあるので無理には食べさせられません。

その上、皮膚に炎症や傷がある場合は、健康なとき以上にビタミンⅭが必要だったりします。

ですから食品だけでは不十分なのです。

 

でもサプリメントは添加物が多いので心配ですよね。

 

例えばビタミンⅭの代表サプリともいえるサプリメントの成分を重量比で見てみると、

・アスコルビン酸(ビタミンⅭ):40%

・パンテトン酸カルシウム(ビタミンB5):0.6%

・添加物:59.4%(ぶけい剤、安定剤、吸着剤、滑沢剤、結合剤、コーティング剤、着色料など)

重量比で約60%が添加物なんですね。

 

それに対してアスクレビタミンⅭは

・ビタミンⅭ:55.6%(EU産の穀物から精製したもの)

・果実成分:20.4%(グレープフルーツ末、ローズヒップ末、アセロラ果汁末)

・フラボノイド等:9.4%(ルチン、ケルセチン、スピルリナ、いずれも天然由来)

・カプセル:14.6%(植物繊維由来のもの)

となっています。

つまりカプセル以外はすべて有効成分なんですね。こんなに誠実に作られているサプリってほかにあるでしょうか!

 

一般的に、ビタミンはサプリではなく果物や野菜から摂った方が良いと言われます。それは果物等にフラボノイド類が豊富に含まれているからでしょう。フラボノイドはビタミンCの酸化を抑えたり、ビタミンCの吸収を助けたりする働きがあるのです。その点もアスクレビタミンCは配慮されています。

 

子どもにサプリを飲ませるかどうか。飲ませるのであれば品質チェックは必須です