· 

日常に潜む邪の話 その①

東洋医学は何千年も前から受け継がれる経験的医学の考え方で、現在でも「あるある!」と感じる部分がたくさんあります。

今回は、病気の原因として考えられる【六淫ーりくいん】(中でも今の季節にはびこる暑邪、湿邪)についてのお話です。

 

はじめに、東洋医学では病気の原因を外因、内因、不内外因の三種に分けて考えます。

 

【外因】

風 寒 暑 湿 燥 火

自然界には6つの邪が潜んでいると考えられ、気候の変化から発病させるもので、六淫(りくいん)と言い、6つの気候の変化を受け人体に影響を与えると言われています。

 

【内因】

喜 怒 思 憂 悲 恐 驚

七情といい、情緒反応であり、通常は病気の原因とならないが、強い精神的刺激を受けたり、長時間の精神的刺激で許容範囲を超えると体に影響するもの。

 

【不内外因】

疲労 食事 外傷 運動不足

内因、外因以外のもの。

 

 

※これらは単独で体に影響を及ぼす場合と、複数の原因が絡み合って影響を及ぼす場合があります。

 

日常に潜む邪の話 その②に続きます。

 

アスクレ通販

https://asclejp.shop-pro.jp/