· 

皮膚の炎症はシミ・シワの原因

春先から夏にかけては、一番紫外線が降り注がれる時期です!

紫外線がシミ・シワ・タルミなどの肌老化の原因だということはすでに有名ですが、シミやシワといった大きなトラブルが生まれる前段階として肌の細胞レベルでは炎症→酸化というプロセスが日々進行しています。

紫外線を防いでいても浴びてしまった場合には、しっかりとアフターケアを行う必要があります。

 

強い紫外線を浴びると皮膚が赤くなり、炎症が起こります。その後皮膚は黒くなります。

これが酸化です。

酸化した肌をそのままにしておくと肌の老化を早め、肌の弾力やハリを失い、シミやシワ、タルミといった現象が起こります。

紫外線で受けた影響を良い方向に修正するためには、帽子や日傘などで紫外線をカットすることはもちろん大切ですが、日々のスキンケアで炎症を抑えることや、カラダが健康で、よい栄養を摂っている必要があります。

紫外線を受けることで活発になった活性酸素を抑えるために有効なのがビタミンCとビタミンE。

特にビタミンCは、コラーゲンの合成を促進する力もあるので、積極的に摂りたい栄養素の代表格です。

さらに皮膚の免疫機能やバリア機能を維持し、鎮静、消炎効果のあるビタミンAも有効ですので、このような栄養素を日常的に摂取することを心がけましょう。